【FP3級】建築基準法について#59

FP3級

答え:

解説:建築物の敷地が2つの異なる用途地域にまたがる場合、面積の大きい方の用途地域の制限を受ける。

面積が小さい方は制限ないんだね

③道路に関する制限

■接道義務

建築物の敷地は、原則として幅員4m以上の道路に2m以上接していなければなりません。これを接道義務といいます。

試験問題⑤

建築基準法の規定では、都市計画区域および準年計画区域内の建築物の敷地は、原則として幅員( ① )以上の道路に( ② )以上接しなければならない。(2019年9月に出題)

1)①2m ②1.5m

2)①4m ②2m

3)①4m ②1.5m

答えは次のページ

タイトルとURLをコピーしました