【FP3級】建築基準法について#59

FP3級

答え:×

解説:建ぺい率が異なる地域にまたがって建物の敷地がある場合、建ぺい率は加重平均で計算される。

加重平均とは、特定の数値を対象に他の数値よりも重要度が高いことを加味した平均値のことだよ

試験問題⑨

建築基準法の規定によれば、都市計画区域および準都市計画区域内における防火地域内に耐火建築物を建築する場合、( )について緩和措置を受けることができる。(2017年5月に出題)

1)建ぺい率の制限

2)容積率の制限

3)建ぺい率と容積率の双方の制限

答えは次のページ

タイトルとURLをコピーしました